Hawaii!*便利で快適なレインボートロリー 2014年4月

ハワイワイキキでレインボートロリーに乗るために、ホテルオハナワイキキマリアからプールサイドを歩き大きな金網を開けて、デューティーフリーショップ(DFS)にあるトロリー乗り場へ行く。今回のハワイオアフ島ではJALパック専用のレインボートロリー利用。DFSの施設内に入り、レンタカーカウンター脇の数段の階段を下りるとレインボートロリー乗り場に到着。ここでレインボートロリーのスタッフに声をかけると案内をしてくれる。ただ、ここはJTBのオリオリトロリーの停留所とは違うので、ご注意を。このトロリー乗り場はレインボートロリー、ワイキキトロリーの乗り場となる。ただワイキキトロリーでも2階建てのピンクラインなどはデューティーフリーショップ(DFS)の道路に面した所が停留所になる。ピンクラインはクレジットカードのJCBカードを見せると無料で乗車できる。(JTBのオリオリトロリーの停留所と同じ場所)ちなみにワイキキトロリーピンクラインはホテルオハナワイキキマリアのルームキーを見せれば乗ることができる。便利。ホテルオハナワイキキマリアに宿泊した際には、ぜひお試しを・・
レインボートロリーが来るまでとても長いベンチで数分待った。ほど良い待ち時間でレインボートロリーが来た。レインボートロリー専用カードを見せ、レインボートロリーに乗車。全然混んでいないので、優雅に乗車できる。その日は土曜日だったので、KCCファーマーズマーケットへ向う。レインボートロリーはデューティーフリーショップ(DFS)を出発するとカラカウア通りを走る。そして、ロイヤルハワイアンセンターの前やワイキキで有名なホテル、モアナサーフライダーの前を通り、ビーチが見えてくる。ビーチではビーチバレーボールをしている人たちが見えた。そして、カピオラニ公園はとても広く、カピオラニ公園の片隅ではチアガールのようなチームの人たちが熱心に練習をしていた。そのカピオラニ公園の脇を通り、ダイアモンドヘッドに沿って作られている道をどんどん走る。今度は高い崖のような位置から海が見渡せる。トロリーは窓がないので、ハワイの心地よい風を感じることができる。美しいビーチや海を眺めながら。。。
快適なトロリーに30分くらい乗っていると、運転手の案内放送が入り、KCCファーマーズマーケットに到着。心地よい揺れと心地よい風を感じながらのトロリー乗車なので、眠ってしまいそうになる。眠い目をこすりながら、レインボートロリーから下車した。お腹が空いていたので、購買意欲が全開だった。

トロリー待合所.JPG
トロリー待合所の雰囲気

トロリーからの眺め.JPG
トロリーからの眺め